ヱスケー石鹸株式会社

自然派石けんのスケー石鹸

Loading
TxtSize
S
M
L

会社情報

Home > 会社情報 > ヱスケー石鹸の歴史

サイト内検索結果

ヱスケー石鹸の歴史

印刷用ページを表示

国内での生産が始まった、約100年前から「石けん」に携わってきた歴史があります。

年代 ヱスケー石鹸の社史 石けん・合成洗剤、洗濯機の歴史
1887年
明治20年
  化粧品・洗剤メーカーの前身商店が石けん・ハミガキ製品で創業。
1918年
大正7年

倉橋三平商会設立。
東京・北区に工場建設。操業開始。

「たらい」「洗濯板」「固形石けん」の手洗い洗濯の時代に、冬場の冷たい水でも溶けやすい画期的な粉石けんの製造販売開始。

創設当時 東十条工場、創設者 倉橋三平

 
1928年
昭和3年

「ヱスケーコナ石鹸」全国発売

「ヱスケーコナ石鹸」をデパートなどで販売。一般家庭に洗濯機が普及するまでは業務用としてクリーニング業界に販路を拡大した。

昭和初期_東十条工場

 
1930年
昭和5年
  国産第一号の撹拌式電氣洗濯機を製作開始。
1942年
昭和17年

戦時体制下では民需産業を圧迫し、主原料の油脂確保も困難になる。全国で発券された購買券にもとづき、生産量が割り当てられた。

戦前、石けんの配給制開始。
1945年
昭和20年

昭和初期当時の優良工場における設備

終戦。
1948年
昭和23年

代表取締役 倉橋富治 就任

石けん配給。年間1人8個。
1950年
昭和25年
  戦後、石けんの配給規制・油脂製品の価格統制撤廃。
1954年
昭和29年

ヱスケー石鹸株式会社設立

倉橋三平のイニシャル「S.K」からヱスケー石鹸と名付ける。

 
1959年
昭和34年

昭和初期当時の家庭用製品

電気洗濯機年産100万台突破。このころ電気洗濯機が暮らしの中の“三種の神器”の一つとしてもてはやされる。
1960年
昭和35年
合成洗剤の生産量が粉石けんと並ぶ(石けんの生産量がピークに)。
1961年
昭和36年
電気洗濯機200万台突破。
1962年
昭和37年
電気洗濯機の一般家庭への普及率45%。
1963年
昭和38年
合成洗剤の生産量(25.8万トン)が洗濯用石けんの生産量(22.5万トン)を上回る。
1967年
昭和42年
合成洗剤ABSからLASへの切り替え(ソフト化)への要望通達(通産省)。
1969年
昭和44年

東京・北区から埼玉・川口市へ本社・工場移転建設。

大気汚染問題、臭い水問題など公害が社会問題化。
1970年
昭和45年

川口工場(1970年代)

二槽式洗濯機200万台突破。電気洗濯機普及率95%。
1972年
昭和47年

家庭用粉石けんの製造販売を再開。以降その他台所石けん、石けんシャンプーも開発

1970年代当時の粉石けん、石けんシャンプー

びわ湖で藻類大量発生し、富栄養化原因として洗剤中のリン酸塩が関与と報道され、全国で合成洗剤追放運動がおこる。
1973年
昭和48年

当時の生協が合成洗剤を扱うなか、生活クラブ生協より粉石けんの取扱が開始される。

第1次オイルショックによる洗剤やトイレットペーパーなど買いだめパニックが起こる。
1975年
昭和50年

代表取締役社長 倉橋一郎 就任。

 
1981年
昭和56年

「ケン化法(釜炊き製法)」にこだわらず、「中和法」を粉石けんに取り入れ、品質向上を図る。

 
1983年
昭和58年

自然派ハミガキの発売

市販「合成系ハミガキ」しか世の中にない時代に、生活クラブ生協の要望により安心安全な「自然派ハミガキ」を開発する。

二槽式洗濯機が主流のなか、全自動洗濯機の登場。
1984年
昭和59年

「学校給食用石けん」シリーズの発売

食器・食缶への他社市販合成洗剤の残留が消費者に指摘されるなか、石けんへの要望が高まった。

市場の衣料用「合成洗剤」のほぼ無リン化される。
1987年
昭和62年

1980年代当時の家庭用製品

市販の衣料用コンパクト「合成洗剤」が発売される。
1989年
平成元年

コンパクト粉石けん「高密度粉石鹸」の開発、発売

市販衣料用「合成洗剤」の箱が小さくコンパクト化(洗剤容量1/4)し、持ち運びや取扱が便利になるなか、粉石けんの老舗として、いち早く粉石けんもコンパクト化することができる。

 
1991年
平成3年

1990年代当時の家庭用製品

全自動洗濯機の出荷台数が二槽式洗濯機を上回る。
1998年
平成10年

固形石鹸工場の建設。発売

固形化粧石けん「うるおい」

 
2001年
平成13年

家庭用ブランド「URUOi」などリニューアル発売

URUOi、SiTORIシリーズ

全自動洗濯機は乾燥機能を搭載した洗濯乾燥機へ。
2002年
平成14年

リサイクル石けんの発売。化粧石けん「きれいに生まれ変わってせっけん」や手洗い液体など

廃食用油のリサイクル石けんを化粧品グレードにすることが実現し、幅広いラインナップになる。

きれいに生まれ変わってせっけん

 
2005年
平成17年
  ドラム式洗濯機100万台突破。
2006年
平成18年

代表取締役 倉橋公二 就任。
家庭用ブランド「うるおい」などリニューアル発売。

自社ブランドで液体製品を「ケン化法」から「中和法」へ切り替え、品質向上を図る。

うるおい、しっとりシリーズ

 
2007年
平成19年

業務用廃食用油「リサイクル石けん」シリーズの発売

飲食店、ホテル等の施設から廃棄される廃食用油を循環させる取り組みが支持され、取り扱いが拡大する。

業務用「リサイクル石鹸」

 
2008年
平成20年

創業地である東京・北区に本社移転。

 
2009年
平成21年

家庭用ブランド「Kids」シリーズ発売。

「Kidsハミガキ」「Kidsボディソープ」香りを選べるようになりました。

「Kids」シリーズ

 
2010年
平成22年
  洗濯用洗剤の液体タイプが市場拡大し、粉末タイプを上回る。
2013年
平成25年

家庭用ブランド「うるおい洗濯せっけん」リニューアル発売。

粉石けんの歴史を変える画期的なミニスティックタイプの「洗濯せっけん」を開発。

うるおい洗濯せっけん